車内クリーニング

2011年11月30日

内装・外装トータルクリーニング ポルシェ911

911(1)横浜市のお客様からご依頼いただきました。お車は、ポルシェ911です。'93年式です。非常にきれいに保管されていたお車のようですが、車内とボディの全面リフレッシュをされたいということでご連絡いただきました。お車は、当店で引き取り・納車のご対応をさせていただきました。

ボディの方は、全体的に洗車キズとスポットが発生していましたが、屋内保管であったということもあって、18年も経過している車とは思えないほど塗装面はしっかりしています。ウールからベースを磨き直せば全く問題ありません。
お選びいただいたコーティングは、ガラス系の1043でした。

アルミホイールも、全体クリーニング+ホイールコートで仕上げさせていただきました。

車内の方は、本革シートでアイボリー系の色でしたので、全体的に黒ずみが付着している状態でした。
本革シート専用クリーナー(アルカリ性洗浄剤)で黒ずみを掻き出すようにクリーニングしていきました。
下の写真は、一部クリーニングした状態で撮影しました。かなりきれいになったのではないでしょうか。※拡大してご覧いただくとおわかりいただけると思います。
なお、エグゼクティブコースをお選びいただきましたので、車内や本革シートにチタンコートを直接コーティングして、消臭効果と防汚効果を持たせるようにしました。この年式独特の古っぽさを感じるような臭いはかなり低減させることができた思います。

911(2)911(3)






911(4)

cbp_aegis at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月23日

車内クリーニング エグゼクティブコース Willサイファ

Willサイファ(1)Willサイファ(3)






さいたま市のお客様よりご依頼いただきました。私用で使われていたお車を会社用に転用するということで、車内クリーニングをご希望とのことでお伺いさせていただきました。ご希望コースは、エグゼクティブコースで、車内クリーニングと消臭加工のセットになります。

車内の状況としては、かなり汚れが溜まっている状況でした。狭いところには、お菓子の食べこぼしやジュースのこぼれた痕、埃などもかなりある状況で、ちょっと車酔いしてしまうニオイでした。
実際に、使われている間は、ほとんど清掃をされてなかったという状態に見受けられました。クリーニングし甲斐のある状態でした。

意外の埃が溜まりやすいところは、シートレールの上になります。見える部分は、一部でシートの真下部分は隠れている部分が多く、そのようなところも埃を取っていくようにします。
シートとセンターコンソールの間も汚れが溜まりやすく掃除のにしにくいところですね。実際は、シートを外してクリーニングするしかありません。

ニオイを原因で多いのが、食べこぼしやジュースコーヒー類の痕になります。シート・カーペットに付着してしまっていることが多く、丸洗いが最も効果があります。
クリーニング中や後でも、数回にわたって行うのが「オゾン消臭・消毒」です。クリーニングの一番最後が一番良いように思いますが、当店では、消臭・消毒が最大限に発揮できるように、クリーニング中にも数回オゾン発生器をかけてオゾン残臭が残らないようにしています。

また、今回はエグゼクティブコースですので、シートや天井部にチタン消臭加工をして、防臭処理を行いました。

Willサイファ(2)

cbp_aegis at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月26日

車内クリーニングはその経験値が重要になってまいります(動画)






車内クリーニングについて説明させていただきました。

車内の汚れは、同じものはありませんので、その車ごとに確認しながら対処法を決めていきます。
特に臭いの原因は実に様々で、「何となく臭う」というケースが最も多いですね。

車内のクリーニング・消臭は、経験によるものが実に多いので、対処法や対策については、車ごとにデータとして蓄積して、対策を立てるようにしています。

cbp_aegis at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年03月24日

タバコ・ホコリ 車の臭い消し 日産ステージア

stegea横浜市からのお客様で、日産ステージアのプロルームクリーニングです。中古で買われたお客様で、やはり車内の臭いが気になるとのことでした。

車内の臭いはどんなに良い消臭剤を使用しても、きちんとクリーニングで臭いの元を除去しておかないと、ほとんどその効果は期待できません。やはり、臭いの元(今回はタバコ・ホコリの臭い)を取り除くことから始まります。

基本的に臭い成分は、シート・天井・床・マットなどに染み込んでいるとされています。洗浄対象物に洗浄剤(温水)を染み込ませて、洗浄剤に溶け込んだ汚れ・臭い成分をバキュームで強力に吸い出すようにしていきます。使用する機械は、真空度20KPa以上の能力を持っていますので、汚れ・臭い・ダニ・ダニ糞なども吸い出すことが可能です。

このようにしてクリーニングしてから、「チタン消臭」を行いますので、中古車の車内がさわやかな臭いに生まれ変わります。カービューティープロイージスでは、タバコなどのヤニの臭い対処法のノウハウを蓄積しています。

cbp_aegis at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年11月14日

カークリーニング ホンダNSX 川崎市

ホンダNSX神奈川県川崎市よりお越しいただきました。お車はホンダNSXで、車内クリーニングのご依頼をいただきました。

年式も経過していましたが、車内は比較的汚れはひどくなかったのですが、室内全体の臭いが気になる感じでした。

NSXの室内は多くが革張りになっていますので、革張り表面用のアルカリ洗浄剤でクリーニング仕上げしていきます。

シートの縫い目が合わせの深い部分にあるので、奥深くにほこり・ゴミが溜まりやすくできています。革シート表面を傷つけないようにクリーニング作業を進めました。

年式の経過した車の室内は、独特な臭いがしてしまうことがあります。表現は難しいのですが、カビっぽく・ホコリっぽく・土臭いような感じです。

そんな車内でも、室内全体をクリーニングした後に「光触媒・銀イオン消臭」を行うことでいやな臭いは気にならなくなって、さわやかな車内を取り戻すことができます。

こちらのNSXも同じような状態でしたので、最終仕上げとして「光触媒・銀イオン消臭」を施工させていただきました。

NSX室内

cbp_aegis at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック