洗車

2012年09月05日

車のボディに鉄粉を付着させないためには

車は新車の場合にはボディはきれいですが、年月が経過するいつれてボディ表面が変化してきます。

ひとつは、洗車やワックスがけなどによるキズがあります。
もうひとつは、鉄粉ではないでしょうか。
鉄粉の付着がひどくなると、洗車や拭き取りのときにかなりのざらつき感が出てきます。
あまりにも鉄粉が付いてしまうと塗装面に悪影響を及ぼすこともあると言われています。

そこで、この鉄粉の付着を少しでも少なくすることはできないのでしょうか。
鉄粉付着を完全に予防することは難しいですが、付着量を抑えることは可能です。

それはこまめな「洗車」ということになります。
鉄粉は最初のうちは、塗装面に刺さることなく表面に止まっていることが多いので、その間のうちに洗車で鉄粉を洗い流すことができます。
よく、洗車される方のお車は、結構ツルっとしていると感じたことはないでしょうか。

しかしその反面洗車をやりすぎてしまうとすぐにボディ表面にキズが付いてしまいますので、このあたりは注意が必要です。

cbp_aegis at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年11月13日

ポリマーコート(フッ素) ボルボXC90 横浜市

ボルボ XC90神奈川県横浜市からお越しいただきました。お車はボルボXC90で、施工内容はフッ素コーティングPC-52Aです。

こちらの車は中古車なのですが、前オーナーの方が「エシュロン」ガラスコーティングをされていたとのことでした。

ボディのコンディションとしては、洗車キズはあまり目立たず、水ジミの付着が多くありました。磨きの仕上げ方としては、この水ジミ除去を中心とした作業としました。

本来、ボルボの外装塗装は比較的高硬度に設定されているので、仕上げるには高硬度対応のコンパウンドで仕上げる必要がありましたが、「エシュロンコーティング」をされていたので、このガラスコーティングを磨き落とすことでほとんどの水ジミを落とすことができました。

すべての車に共通して言えることですが、車の中で最もダメージを受けやすい塗装面は「ルーフ」となっています。ルーフはどのような車も水平で、汚れや水が溜まりやすいためと考えられます。

ガラスコーティングをしていても、ルーフはダメージを受けやすいのは変わりませんので、メンテナンスシャンプーで洗車をすることで十分良好なコンディションを保つことができます。フッ素コーティングでも同様のことが言えます。

cbp_aegis at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年10月01日

プロ手洗い洗車 ベーシックコース

トヨタ マークX神奈川県綾瀬市からお越しいただきました。お車はトヨタ マークXになります。

こちらのお客様は新車時に販売店の方でコーティングをされていたとのことでしたが、年数が経過していくうちにコーティング表面が疎水(撥水)しなくなってきてどうしたら良いかというご相談を受けました。

施工されていたコーティング種別は、テフロン系であることと、お車の保管場所が良好であることなどから、「プロ手洗い洗車→ワックス施工」が適しているようでした。

お客様もご自宅が近隣ということもあり、定期的に「プロ手洗い洗車」にお持ちいただくこで同意をいただくことができました。

カルナバ蝋のワックスは、ヤシの一種カルナバから抽出される良質の蝋になります。カービューティプロのイエローワックスは高級グレードのカルナバ蝋を使用していますので、自然な光沢を維持することができます。

このようなお客様もいらっしゃいますので、他店でのコーティング車でもお話しいただければ適したメンテナンスをご提案させていただきます。

cbp_aegis at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年09月29日

プロ手洗い洗車 エグゼクティブコース 大和市

トヨタ スパシオ神奈川県大和市よりお越しいただきました。お車はトヨタ スパシオになります。ご依頼いただいた施工内容は、プロ手洗い洗車 エグゼクティブコースです。

車のボディメンテナンスには、ポリマーコーティングかワックスという選択肢になると思います。今ではポリマーコーティングもかなり一般的になってきましたが、ワックス派という方も数多くいらっしゃいます。

今回のお客様もワックスでお手入れをされてきたとのことですが、長い年数になってきてボディに鉄粉・水垢がかなり付着してきたということで「プロ手洗い洗車」のご依頼をいただきました。

ボディのコンディションは鉄粉付着というよりも、水垢の付着が目立っていましたのでその部分を中心に作業させていただきました。

特にドアノブ回りとフロントグリル周辺などは念入りに水垢除去を行いました。

ワックスはプロオリジナルワックス「イエローワックス」を使用致しました。最高級カルナバ蝋を配合した光沢重視のワックスになっています。

ワックス仕上げも水滴の疎水方向を想定して表面を仕上げるようにしました。

cbp_aegis at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年09月15日

自動車コーティング その後のメンテナンスと洗車

以前より、コーティング後のメンテナンスと洗車についてお客様よりお問い合わせをいただいていました。

少し前までは、

 「コーティングしたらメンテナンスはフリー」
 「無効何年かは一切洗車しなくても大丈夫」

などという誤った知識を持っているお客様が多かったのですが、今では多くの販売店・ネット上などで正しい認識が広まったのか、コーティングに対する認識度がぐっと上がったように感じます。

間違った認識は見直されて、適切なメンテナンスや正しい洗車を行うことが車を永く美しく保つコツ、とご理解いただけるようになりました。

そうは言っても、コーティングされたお客様のすべてが正確なメンテナンスや洗車ができるとは言えないところもあります。

お客様によっては、時間的な制約や洗車スペースなどにもお困りの場合もあるようにお聞きすることがあります。

お客様から、

 「メンテナンスをしたいんだけど、メンテナンスメニューはありますか」
 「ディーラーでコーティングしたけど、カービューティープロではメン
  テナンスや洗車のメニューはありますか」

といった声をいただくことがあります。

当店では、他店でコーティングされたお車でも、コーティング種類がおわかりであれば、メンテナンス・洗車を承っています。

また、洗車・ワックスメニューも充実していますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

cbp_aegis at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック