板金再塗装面の硬さ

2012年05月26日

再塗装ボディの研磨作業

ポリマー加工・ガラスコーティングなど、ボディへ加工する前には、「下地処理」を行います。

ボディ全体の汚れ・鉄粉などを除去してから、ポリッシャーによる研磨作業にとりかかります。
その際、板金作業などが何もされていなければ特に問題になることはありませんが、一部再塗装などを行っている場合は注意が必要になってきます。

例えば、右ドアパネルだけ再塗装などをしている場合は、そのパーツだけ塗装品質が違ってきます。
また、再塗装から年数が経過していると、かなり硬化が進むため研磨砥粒を変える必要があります。

さらに、再塗装時の表面仕上げが粗磨きだけの場合は、研磨で微細研磨をしておくことをおすすめしています。

再塗装などされている場合は、事前にご相談ください。

cbp_aegis at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック