撥水

2013年04月03日

ポリマーコーティング スズキ・ラパン 横浜市


ポリマーコーティングのお客様です。横浜市よりお越しいただきました。お車は、スズキ・ラパンです。

ボディの方は、淡色系ですので、スタンダードコースでボディ研磨させていただきました。コーティングは、フッ素コーティングで施工致しました。フッ素の撥水持続性は、以前よりも長くなっています。

また、ウィンドウの撥水コーティングは、全面のガラスに施工致しました。

cbp_aegis at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年10月22日

撥水ガラスコート 町田市

アウディTT東京都町田市よりお越しいただきました。お車はアウディTTです。
ご依頼内容はガラスの撥水コートをいただきました。フロントガラス・リアガラスへの加工となります。

こちらのアウディTTはガラスエリアが広くとってあるため、撥水ガラスコートをしておくと視認性が高くなって雨の日などはより運転しやすくなります。
また、アウディTTではリアガラスにワイパーが装備されていないことからも撥水コートは有効であると思います。

最近ではリアガラスには、国産車ではプライバシーガラスが、輸入車ではフィルム施工している方が多いので、ガラス表面にはウロコ状の水ジミが付着しやくなります。
特にリアガラスなどは車種によっては傾斜が緩くなっているものもあるので、ウロコが余計に付いてしまうことがあります。

そのような場合でも、撥水ガラスコートをしておくと、ウロコ付着を効果的に防止することができます。あるいは、付着量を抑えることができ、付着しても磨き直すことですぐにきれいなガラスにしてあげることができます。

運転していて外が見にくい、雨の日の運転が怖いと思われたらガラスコートをおすすめ致します。

cbp_aegis at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月19日

自動車用布製幌・ソフトトップ撥水コート

horo1アルファスパイダー、Z4、S2000、ロードスターなどで共通のお悩みとしてあげられるのが、ソフトトップ(布製幌)部分の汚れ、撥水ではないでしょうか。ソフトトップなのだから
普段はオープンスタイルでドライブするので何も問題ないよという方は読み飛ばしていただければと思います。
布製ソフトトップは新しいうちは非常に輝いた布面をしていて、黒のつや消しが堂々として見えるところが魅力と言えます。
しかし、ガレージ所有の方でも紫外線やけ、色あせ、撥水力低下などで、ボディよりも先に劣化が進んでしまうところが問題でした。
特に幌部分は視覚的にも車全体を古めかしくさせてしまう重要部分でもあります。
そこで、長年の幌の汚れを落として、撥水加工をと考える方が多いと思います。
当店でも、従来からソフトトップの撥水加工はいろいろ取り上げましたが、効果が2週間〜1ヶ月程度とあまり長期に渡る効果を期待できるものはありませんでした。
良く手に入れることのできる防水スプレーやワックスなどはありましたが、幌生地を硬くさせたり、白い粉をふいた状態になるなどの問題もありました。
しかし、今回採用した幌撥水剤は強力な高分子フッ素コート剤をベースにしているだけに効果は抜群です。
幌専用に開発された高分子フッ素コート剤なので、相性は抜群と言えます。幌の縫い目を重点的に施工することで雨水も完全シャットアウト。
コート剤は2〜3回程度重ねて塗りして、完全乾燥をさせます。これで撥水加工の効果はおおよそ半年。
幌フッ素コート剤は撥水力だけでなく、油分も寄せ付けず、かつ幌の色あせも防止するという優れものです。
ソフトトップオーナーには必須のアイテムと言えます。
撥水コート施工料金:¥31,500〜
幌クリーニング料金:¥8,400〜
です。コーティングの乾燥も1昼夜かけますので、定着力は抜群です。

cbp_aegis at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年02月24日

撥水ガラスコート(ウィンド用)

hassui3当店での採用している撥水ガラスコート剤の主な特長は、左図に示しました。その多くの特長は、大体他店でのガラスコート剤と同等であると思います。ただ一つ違う点は、同じような特長を持ちながらも耐久性の向上・耐ワイパー性の向上させることができました。さらにその特長から、ワイパーのビビリも最小限にさせることに低減させることができました。ガラスコートの持続効果は、使い方にもよりますが、1年以上であるとされています。seinouその性能試験表が左図になります。耐ワイパー性試験と屋外暴露試験の結果になります。いずれも当店採用のガラスコート剤が優れていることがわかります。その分、少々施工法に技術が必要になります。一度試してみてはいかがでしょうか。

cbp_aegis at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年02月21日

撥水ガラスコート(ウィンド用)

hassui1最近のウィンド用ガラスコートは非常に耐久性が向上しています。少し前までは、単一素材のガラスコート剤が主流でしたが、今ではハイブリッド式が主流となってきています。これは、撥水力を増しながらも更なる耐久性を向上させるという機能を併せ持っています。
図にも示しているように、フッ素(フリオン)とシリコンを高度に混合させることにより実現させることができました。hassui2従来はこのようなガラスコートは2種類の素材をそれぞれ別の行程でガラス面に形成させる手法が取られていましたが、当店で施工するガラスコート剤は混合させた液剤をガラス面にそのまま定着させることができますので、より耐久性が向上したコーティングとなっています。

cbp_aegis at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック