ダニの死骸・糞をクリーニングしてアレルギー対策

2013年10月27日

車内のダニは生ダニよりも死骸・糞がアレルゲンに

車内のダニによるアレルギー対策は、車内はダニの死骸・糞を除去することが基本になります カービューティープロイージス車内に乗ると何かかゆいとか、アレルギーになってしまうという場合は、ダニの疑いがあるかもしれません。
でも、そもそも車内にダニが生息しているのかといいますと、一般的には生息していることは少ないようです。
車の中は、晴天の昼までは高温化にさらされますので、ダニ自体は多くの場合死滅してしまうと考えられています。

しかし、一度ダニが発生してしまうと、ダニが死滅しても、ダニの死骸・糞等がシート・カーペットに残ってしまいます。

これらダニの死骸・糞等がアレルゲンとなって、アレルギーの原因になってしまうとされていますので、この死骸・糞を取り除くことが重要です。

カービューティープロイージスの車内クリーニング技術は、

 (1)生ダニを車外に追いやるために、忌避効果のあるオゾン発生器をかけます
   ※オゾンには他にゴキブリなど害虫の忌避効果があることがわかっています
 (2)シート・カーペット・マット他細部まで、洗剤水丸洗いクリーニング+強力バキュームでダニの死骸・糞を取ります
   ※ドライバキュームのみでは、ダニの死骸・糞が残りやすい傾向があります
 (3)上の洗剤水洗いには、こぼした飲み物食べ物他ホコリなどダニの養分となるものを取り除く効果があります

cbp_aegis at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック