ガラス磨き

2014年07月11日

雨上がりや洗車直後には

今日のように雨上がり直後に晴れてしまった場合、ボディやガラスに水ジミがつきやすくなってしまうことがあります。特にガラスにはシミが残りやすいことがあります。

最もシミがつきやすいものとしては、洗車中や洗車後に水分を残してしまう場合です。

これも、水分の乾燥速度が早くなれば早くなるほど水ジミが残ってしまいやすくなってしまいます。
(洗車後、水分を残したまま走行してしまうのが一番水ジミがつきやすいと思います)

こういったことをちょっと気をつけるだけでお車をきれいにすることができると思います。

cbp_aegis at 10:48|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年04月16日

ガラス磨き・撥水ガラスコート

トヨタ シエンタ今回のお客様のお車はトヨタのシエンタになります。施工メニューはガラス磨きと撥水コートをしていただきました。

ガラス磨きについては、ポリッシャーで磨くことができる平面部はウロコ除去は比較的簡単にできます。磨きによって細かいキズなども取り除くことができます。

そのような中でも磨きでも除去できないのが、ガラスのゴム周辺の汚れなどがあります。これはなかなか除去するのが難しいとされています。手磨きでもかなり難しいようです。
登録後の年数が経過してくるとこのガラス周辺の汚れが蓄積されてきて、後々除去するのが難しくなってきます。
フロントガラスなどは、ワイパーを使用することもありますので酸性除去剤を使用してしまうと不具合の原因になってしまいます。

また、運転席・助手席のサイドガラスなどもサイドミラー周辺部も汚れが溜まりやすいところです。ポリッシャーも入らないところなので専用の酸性除去剤は非常に有効です。

これで、ガラスは完全にきれいになりましたので、撥水ガラスコートが最も有効的に働きます。
運転視界も確保され、かつガラスの美観が向上してワンランク上のお車に生まれ変わった感じがするのではないでしょうか。

シエンタガラスコートシエンタガラス磨き

cbp_aegis at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック