チャイルドシートクリーニング

2012年08月18日

車内クリーニング フィアット・パンダ

パンダ(1)パンダ(2)






お車は、フィアット・パンダです。
お車を買い換えた機会で、車内クリーニングとチャイルドシートクリーニングのご依頼をいただきました。
チャイルドシートの汚れが気になっていたことも理由にあったそうです。

フィアット・パンダのシート色が黄色という明るい色ということもあり、黒ずみの汚れが目立っていました。
臭いなどは気になるレベルではありませんでしたが、人の使った雰囲気などは極力消し去りたいと思いますので、クリーニングと同時にオゾン消臭・消毒も行いました。

パンダ(3)パンダ(4)

cbp_aegis at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年04月16日

チャイルドシートの臭いを取るには

チャイルドシート多くの方が利用されているチャイルドシートは、普段なかなかクリーニングすることはないのではないでしょうか。

一度車に固定してしまうと、お子様の利用されなくなるまでそのままという方がほとんどだと思います。
そうなると、使い終わった段階でカバーなどをきれいに洗濯すると、見た目上はきれいになっても、臭いがなかなか取れないという状況があります。

その臭いは、チャイルドシート内部のウレタン部や、中に入ってしまったお菓子・ジュース類の残りなどいろいろな原因があるとされています。
これらのものは、なかなかご家庭では取りきれるものではないようです。

当店では、お客様からお預かりしたチャイルドシートは、カバー洗浄はもちろん、ベルトの洗浄・ウレタン部・シート本体の洗浄を行ってから、チャイルドシート全体を「オゾン消毒」を行います。
オゾン発生器による消臭・消毒は、他の消臭剤や消毒剤とは違い、残留成分が全くゼロのご安心いただけるものになっています。
施工後は、臭いも低減していますのでお客様にはご好評をいただいております。

cbp_aegis at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月08日

チャイルドシート除菌・消臭

チャイルドシートをお使いの方が気になるのが、その衛生性ではないでしょうか。

車移動が多い場合、チャイルドシートに付着した食べこぼしやジュースなどのシミがそのままというケースは多いと思います。
ある程度のふき掃除はしてもきちんとしたクリーニングをされる方は少ないと思います。

チャイルドシートのクリーニングをお受けしていて、気づいたところは、隙間からシート内部にお菓子などがかなり多く残っているケースがほとんどであったという点です。
シートカバーを取り外してシート内部は、スチーム+バキュームでかなり汚れやゴミなどは取り除くことができます。

それでも、除菌・消臭などは難しいので、最終段階として、「オゾン消臭」を行っています。
これで構造上届きにくい部分まで除菌することができます。
また、オゾン消臭の効果的にするために、チャイルドシート全体の湿度を上げながらオゾン消臭することで消臭力アップとオゾン臭を残すことなく処理することができます。

cbp_aegis at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年02月16日

チャイルドシートクリーニング

child-seat1今日は1日雨の日でした。洗濯物などはなかなか乾かない日ですね。

今日は、チャイルドシートをお預かりしているので、クリーニングと消臭作業をさせていただきました。

もちろん、クリーニングしてもすぐには乾きませんので、基本的には送風乾燥を致しました。

チャイルドシートは、多くが飲み物やお菓子などの汚れが付着していますので、通常の洗濯でなく、専用洗浄剤+スチーム+水洗いを行って、汚れを落としていきます。

また、チャイルドシートクリーニングは、様々な汚れから独特な臭いが発生して、お子様が酔われる場合が多いので、当店では同時に生物的消臭を行います。これは、人工的な芳香剤ではなく、バイオによる分解消臭ですので、全く無害でかつ残香のない消臭法となっています。

cbp_aegis at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年10月19日

チャイルドシートクリーニング

クリーニング前神奈川県横浜市のお客様からお預かり致しました。チャイルドシートクリーニングのご依頼をいただきました。

チャイルドシートのシミの原因は飲み物の付着、汗あとなどがあります。これらは付着したまま放置しておくと変色などを引き起こすことになります。

普段からシートカバー自体を洗濯しているとあまりシミなどの問題にはならないようですが、長期間保管しておくとシミが発生してしまうことがあります。

一度シミになってしまうと、通常の洗濯ではなかなか除去できるものではありません。

シミの除去と消毒の目的のために「スチーム」を使用してクリーニングしていきます。スチームだけではシミは除去できませんので、ナチュラル洗剤も併用します。

クリーニング後は下の写真となります。

クリーニング後

cbp_aegis at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック