PCX-S8

2016年03月30日

ガラスコーティングPCX-S8 ボルボS60 

ボルボ S60神奈川県鎌倉市からお越しいただきました。お車は、ボルボS60です。ボディカラーはホワイトパールになります。

ホワイト系の場合、特に目立つのが鉄粉と下回りのピッチになりますので、このあたりはしっかり除去する必要があります。

鉄粉除去には、除去用の粘土とラストリムーバーで取り除いていくことになります。

ボディの磨きは、ウールバフで磨きをかけることで塗装肌を整えるように磨かせていただきました。

ガラスコーティングは、PCX-S8を施工させていただきました。
高耐久被膜と撥水性ガラスコーティングになります。
防汚性に優れたガラスコーティングになります。

cbp_aegis at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月12日

シミ防止ガラスコーティング ダイハツ タント

ダイハツ タント神奈川県海老名市からお越しいただきました。お車はダイハツ タントです。お車のリフレッシュということで、ガラスコーティングPCX-S8を施工させていただきました。

軽自動車と言いましてもトールワゴンになりますと洗車もなかなか大変ですね特 ルーフは汚れやシミが残りやすいところがあります。

街で走っている車の多くが、いわゆるトールワゴンが多く感じます。ワゴンオーナーのお客様には車が大きくなってから洗車が億劫になってしまって、なかなか洗車をする気がしないというご相談を受けることがあります。

確かに、トーワゴンだと普通のセダンと違って、洗車の際には脚立などが必要になるので、大変になるようです。

当店で施工された場合は、ルーフはシミが付きにくい加工にしています。これは、ちよっとしたコツがあります。

また、当店でのお客様の中には、効率的に洗車をされる方が多くいらっしゃいます。その方からお聞きすると以下のような工夫をされているようです。

 ◎洗車は洗車場で朝早くから始める。
 ◎洗車場は両サイドに洗車ステップがあるところ利用する。
 ◎バケツ・スポンジは最低3個は用意して使い分ける。
 ◎拭き取り用のクロスは複数枚使用してまとめ搾りをする。

というようにしているとさらにシミが付きにくくなります。

cbp_aegis at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月22日

ガラスコーティングPCX-S8 BMW MINI

mini今回のお車は、BMW MINIです。

磨きで何が重要かというと、いかにオーロラやバフキズを残さないように仕上げるかということになると思います。

特にドア部分の塗装面などはオーロラが残りやすい部分でもありますので、気を付けたいところです。

今回のお車は、水ジミが多かったのでそれを除去するように心がけました。

お客様の駐車場は屋根付きとのことでしたが、コーティングはカービューティープロのPCX-S8で、トップコートにチタンコーティングを施工させていただきました。

チタンコートで初期デポジットの付着を防止するに致しました。

cbp_aegis at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月21日

ガラスコーティングPCX-S8 FJクルーザー

fj-cruzaお客様の施工いただいたお車を順次紹介させていただきます。
トヨタFJクルーザーです。
エクステリアデザインはなかなか精悍ですね。
地上高も国内SUVよりも高く感じました。走りもトヨタ車ならではの安心できるって感じでした。クセもなく非常に運転しやすかったです。(不慣れなマニュアルトランスミッションでしたが、乗りやすかったです。)

両サイドのドアは観音開きでこの手の車にしては使い勝手が良いと感じました。

ボディの状態は、とても良い状態でしたので、ウレタン磨きで十分な光沢に戻すことができました。
車の性質・性格にもよりますが、ただ単に磨けば良いという訳でもなく、本来の塗装を残しながらどこまで綺麗に見せることができるかがカギになってくると思います。

ボディコーティングは、ガラス系コーティングPCX-S8で施工させていただきました。初期撥水もありますので、チタンコートを一度加工しておきました。

cbp_aegis at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月28日

ガラスコーティング PCX-S8 ビートル

ビートル神奈川県横浜市からお越しいただきました。今回はフォルクスワーゲン ビートルです。

今回のお車は塗装がきれいになっているので、状態は良いものです。

ビートルはボディ形状も最近の車にはないところがあります。例えば大きなR部と平面が合わさっているので、非常に磨きにくい部分があります。
また、最も特徴のあるホイールハウス部分は磨き上げると車全体がとても美しく見えます。

あとは、前後のバンパーは、メッキ部品となっていてボディと間にはスペースが空いているので、その部分も磨きにくい箇所でもあります。
ここはハンドポリッシュで何段階かで磨き上げることで解決しました。

今回はボディ色が淡色系でしたので、比較的磨き作業は難易度は低いと言っても良いでしょう。

施工させていただいたコーティングは、ガラスコーティングで、PCX-S8を施工させていただきました。オールペンの塗装にもしっかりと定着するようなコーティングであり、より光沢が出るようになっています。

cbp_aegis at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック