ボディ磨き・研磨

2011年02月04日

車のボディ研磨






最近では、車のメンテナンスをご自分でされている方が多いと思います。

車のボディ・塗装についてもDIYメンテが主流になりつつあります。専門的なワックスやコーティングが広く一般的に入手できるようになっているのではないでしょうか。

それでも、一定の年数が経過してくると、きれいに維持した塗装面もスポットやキズが目立ってきて、汚れが落ちにくくなってくる時期が来ます。

そうなってくると「ボディ研磨」が必要になってきます。
ある程度の簡単な「研磨」程度であれば、簡易ポリッシャーで対応できるものもありますが、キズ取り・シミ取りまでは難しいので、プロの研磨が最適になります。

プロ研磨は、中古車の塗装面仕上げや旧車(再塗装)のオーロラマーク除去など、非常に繊細な作業になります。特にレストア車研磨は余計に神経をつかいます。

cbp_aegis at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年11月01日

車のボディに付着したウォータースポット






一般的に車を保管されるのは、駐車場ですが、多くの方は屋根のない駐車場ではないでしょうか。
屋根がないことがそのままボディに悪影響を与えるということはありませんが、やっぱり定期的なメンテナンスが必要になります。

このお車の場合、お仕事の都合で半年以上まったくメンテナンスできず、放置してしまったとのことで、ボディにスポットが付いてしまったようです。
スポットの付着はかなり進行していて、ルーフ部分は、かなり悪い状態ですが、他のボンネットなどは、研磨で磨き落とすことができました。
スポットの状態を動画でご覧いただけます。

cbp_aegis at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック