ガラスコーティング(ボディ)

2016年03月12日

シミ防止ガラスコーティング ダイハツ タント

ダイハツ タント神奈川県海老名市からお越しいただきました。お車はダイハツ タントです。お車のリフレッシュということで、ガラスコーティングPCX-S8を施工させていただきました。

軽自動車と言いましてもトールワゴンになりますと洗車もなかなか大変ですね特 ルーフは汚れやシミが残りやすいところがあります。

街で走っている車の多くが、いわゆるトールワゴンが多く感じます。ワゴンオーナーのお客様には車が大きくなってから洗車が億劫になってしまって、なかなか洗車をする気がしないというご相談を受けることがあります。

確かに、トーワゴンだと普通のセダンと違って、洗車の際には脚立などが必要になるので、大変になるようです。

当店で施工された場合は、ルーフはシミが付きにくい加工にしています。これは、ちよっとしたコツがあります。

また、当店でのお客様の中には、効率的に洗車をされる方が多くいらっしゃいます。その方からお聞きすると以下のような工夫をされているようです。

 ◎洗車は洗車場で朝早くから始める。
 ◎洗車場は両サイドに洗車ステップがあるところ利用する。
 ◎バケツ・スポンジは最低3個は用意して使い分ける。
 ◎拭き取り用のクロスは複数枚使用してまとめ搾りをする。

というようにしているとさらにシミが付きにくくなります。

cbp_aegis at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月01日

ガラスコーティング PCX-S8 ホンダ オデッセイ

オデッセイ今回のお客様は神奈川県川崎市からお越しいただきました。ホンダ オデッセイです。新車から2年ほど経過したお車です。新車の際にテフロンコートを購入時に販売店にて施工したとのことで、だんだんと汚れやキズが目立ってきたため再施工のご依頼をいただきました。
白の塗装色でも、キズが目立ってくると余計に水垢の付着が進んできます。こちらのお車も通常の「フッ素コート」をされていたので、水垢付着が際だってきました。
淡色の場合、汚れ除去を中心とした作業と全体的につや出し磨きを重点的に行うと、きれいに仕上げることができます。
選んでいただいたコーティングは、ガラスコーティングPCX-S8です。ホワイト色には良いコーティングと言えます。最終仕上げ剤は、トップコート(チタンコーティング剤)を吹き付けて滑水仕上げにしてお渡ししました。水滴を滑らせてあげることで、汚れを付きにくくしました。

cbp_aegis at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガラスコーティング スズキ・パレット

スズキ パレット(1)今回のお客様は、中古車を購入されたということで、お車全体をリフレッシュしたいということで、ご依頼をいただきました。

濃色車になりますと、どうしても洗車キズが目立ってしまって、古く見えてしまうことがあります。
そのようなお車でも、ボディの磨きをかけてあげると、お車の印象がグッと変わってきます。

ご依頼いただきました施工メニューは、

 ○ボディコーティング:PCX-S8
 ○全面撥水ガラスコート
 ○アルミホイールコーティング
 ○樹脂モールコーティング

という内容です。

また、樹脂モールコーティングも同様で、年月で進む「白化」現象も抑制して、樹脂本来の輝きを保ちます。

スズキ パレット(2)スズキ パレット(2)

cbp_aegis at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年10月31日

硬化型ガラスコーティングの必要な性能とは

ガラスコーティング被膜 ウォータースポットの防止硬化型ガラスコーティングは、持続性や耐久性・硬さなどが注目されているところが多いと思います。

確かにそのような性能も必要かもしれませんが、カービューティープロイージスでは、現実的なところとして、《ウォータースポット防止》と《加工性》を重視しています。

《ウォータースポット防止》は、文字通りで、ボディに付着してしまうウォータースポットをどのようにすれば付着しにくくするかということです。

これは、水滴を超撥水性にして、滑らせる(滑水)にすることで、かなり防止できるようになります。
さらに汚れの付着も防止できて、洗車時間の短縮にもつながります。

《加工性》は、ウォータースポットが付着してしまったり、キズが付いてしまったときの磨き加工性のことになります。硬化型ガラスコーティング被膜は、あまり硬さを重視してしまうと、この加工性が低くなってしまって、スポットやキズが取りにくくなってしまうことがあります。

このようなことが起こらないように、加工性をしやすくしておくことで、何年経過してもきれいな塗装を維持し続けることができることになります。

cbp_aegis at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月07日

1043NANO-FIL トヨタ・オーリス

トヨタ・オーリス(1)海老名市からのお客様です。お車は、トヨタのオーリスです。ヨーロッパの小型2ボックスカーのような軽快な加速感覚を味わえるような車ですね。

ホワイトパール色のボディですので、細部の汚れなどが気になったり、水垢に気を付けたいところです。
逆R部などには、鉄粉の付着が多くなっていますので、そのあたりは重点的に除去を心がけます。

また、ドア内側・リアハッチ内側なども汚れが溜まりやすく、クリーニングしておくと車の印象はガラッと変わります。

ボディのガラスコーティングは、1043NANO-FIL超撥水で仕上げさせていただきました。同様にアルミホイールコーティングも施工させていただきました。
トヨタ・オーリス(2)トヨタ・オーリス(3)

cbp_aegis at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック