撥水ガラスコート

2010年04月05日

ガラス磨き+撥水ガラスコート スズキ・スイフト

swift2-1今回のお客様は、ガラスの磨きと撥水コーティングのご依頼をいただきました。車は、スズキ・スイフトです。

ガラスは、全面にウロコが付着している状況で、夜間でもかなり見にくい状態でした。

基本的には、ガラスのウロコ除去は、ガラス研磨剤と磨きパッドを使って、ポリッシャーで磨いていきます。
ウロコ除去剤を使用する場合もありますが、フロントガラスやリアガラスには使用できなかったり、他の部品を侵してしまうこともありますので、あまり使用しないようにしています。

ガラス表面のウロコをきれいに除去した後は、今後のウロコ付着の防止のために、撥水コートを施しました。
※撥水コートでなく、チタンコートでも同じ効果が得られます。

swift2-2swift2-3

cbp_aegis at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年12月16日

フロントガラス ワイパー傷除去作業

jetta
ご依頼いただいた車は、VWジェッタです。フロントガラスに付いてしまった「ワイパー傷」を除去するというご依頼でした。

ガラスにワイパー傷を発生させないためには、こまめにワイパーブレードをきれいにして、ワイパーを使用する前には、クリーニングを心がけることでかなり予防できるとされています。

しかし実際問題なかなかそのように維持することは難しく、ガラスにワイパー傷が付いてしまうようです。

今回お客様の場合は、比較的ワイパー傷が多く、視界の妨げになって運転しづらいとのことでした。

ガラス専門店へ相談されると、ガラス交換をすすめられることが多いようですが、カービューティープロのようないわゆる「磨き屋」では、フロントガラスも「磨き」によって多くの場合、対処可能であると考えます。

ガラス磨きの場合、傷の状態によって所要時間が一定ではなく、お預かりする時間は長くいただきますが、きれいに研磨致します。

jetta-2jetta-3

cbp_aegis at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年11月20日

運転視界確保には撥水ガラスコートを。

alphard4今回のお客様は撥水ガラスコートを施工させていただきました。ガラスには、全面にウロコ状の水ジミが付着しており、運転するには視界を確保しづらい状態でした。

そこで、ガラス全面を研磨してウロコ除去から始めました。

ガラスのウロコは、フロントガラスよりも、プライバシーガラスになっているガラスの方が状態はひどくなっています。

リアガラス・サイドガラスは、ガラス用コンパウンドで研磨して除去していきます。コンパウンドで磨ききれない細部・端部に付いたウロコは、酸性クリーナーで溶解していくようにしました。
※このクリーナーはガラス表面そのものを溶かしてしまうので細心の注意を払って使用します。

撥水ガラスコートは、フッ素とシリコンのハイブリッドコートで仕上げました。これで長期に渡って撥水加工が持続します。

cbp_aegis at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年07月05日

フロントガラス研磨+撥水ガラスコート

ジャガーXtypeこちらのお客様は、フロントガラスのウロコ除去と撥水ガラスコートのご依頼をいただきました。

一般的には、フロントガラスはウロコの付着は他の部分のガラスに比べて少ないように思います。フロントガラスに付着した水分はワイパーで切ってきれるために自然に付くのが抑えられるためだと思います。

今回の場合は、洗車などを行っても、拭き取りをしていなかったり、自然乾燥を繰り返していると、ウロコが付着して夜間の運転に支障を来すことがあります。夜間の運転では、特に対向車のヘッドライトが乱反射して事故の原因にもなりかねません。

そこで、ガラス研磨を施工させていただきました。

フロントガラスの場合は、酸性クリーナーは使用できませんので、作業の中心はガラス研磨用のポリッシャーと研磨材で磨いていきます。頑固なウロコの場合は、圧力をかけながら磨くようにしていきます。

周囲の部分は、ポリッシャーや手磨きでは対処できませんので、ガラス用酸性クリーナーでスケールを除去していくようにしました。

撥水ガラスコートは、フッ素とシリコンのハイブリッドコーティングで仕上げました。高い耐久性と撥水性が両立したものとなっています。

ガラス研磨ガラス研磨

cbp_aegis at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年04月16日

ガラス磨き・撥水ガラスコート

トヨタ シエンタ今回のお客様のお車はトヨタのシエンタになります。施工メニューはガラス磨きと撥水コートをしていただきました。

ガラス磨きについては、ポリッシャーで磨くことができる平面部はウロコ除去は比較的簡単にできます。磨きによって細かいキズなども取り除くことができます。

そのような中でも磨きでも除去できないのが、ガラスのゴム周辺の汚れなどがあります。これはなかなか除去するのが難しいとされています。手磨きでもかなり難しいようです。
登録後の年数が経過してくるとこのガラス周辺の汚れが蓄積されてきて、後々除去するのが難しくなってきます。
フロントガラスなどは、ワイパーを使用することもありますので酸性除去剤を使用してしまうと不具合の原因になってしまいます。

また、運転席・助手席のサイドガラスなどもサイドミラー周辺部も汚れが溜まりやすいところです。ポリッシャーも入らないところなので専用の酸性除去剤は非常に有効です。

これで、ガラスは完全にきれいになりましたので、撥水ガラスコートが最も有効的に働きます。
運転視界も確保され、かつガラスの美観が向上してワンランク上のお車に生まれ変わった感じがするのではないでしょうか。

シエンタガラスコートシエンタガラス磨き

cbp_aegis at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック