ウィンドリペア施工例

2010年12月21日

フロントガラスリペア ホンダ・オデッセイ

ホンダ オデッセイフロントガラスのリペアを施工させていただきました。横浜市よりお越しいただきました。

車で高速走行中に飛び石によってフロントガラスにヒビが入ってしまったとのことです。ほとんどのケースが高速走行によるものが多いですが、一般道でも246号線のようなところでも石が飛んでくるケースがありますので、注意してください。

なお、今回のお客様もフロントガラスに撥水加工をされいましたので、リペアするにあたっては留意しておく部分です。
リペア最終仕上げのときに、ピットレジンで表面を平滑に仕上げる手順でうまく行かない場合があるためです。
カービューティープロイージスでは、撥水加工されたフロントガラスのままでも、きれいなピット仕上げは可能です。
リペア後

cbp_aegis at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月19日

フロントガラスヒビ補修…下端部の場合

peugeot206-1peugeot206-2






フロントガラスへのヒビは、真ん中ばかりに発生するのではなく、ガラスの周辺部にもできてしまうことはよくあります。
多くの施工店では、周囲20cm以内の場合、お断りするケースが少なくありません。これは、ガラスの端部へ行くほどガラスにかかる力が強くなるため、リペアしてもヒビが伸びてしまうケースが多いためです。

以前までは、当店でもこのようなケースはお断りすることが多かったのですが、リスクをご承知の上で施工をお受けすることもあります。

今回のお客様の場合は、下端のセラミック部のすぐ上でした。
お客様には、事前にご説明した上で、施工をさせていただきました。

形状が、スター型ではなく、ハーフムーンっぽい感じでしたので、無事施工は終了致しました。
その後ご報告でも、ヒビに異常はないということでしたので、何よりでした。

リペア前リペア後

cbp_aegis at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月11日

一般道走行でもガラスにヒビが入ることもあります

ダイハツ タント今回のお客様は、高速道路ではなく、一般道でフロントガラスにヒビが入ってしまったとのことです。一般道と言ってもかなりスピードレンジが高い道路では、やはり衝撃が強いようですね。

お車は、ダイハツ・タント。フロントガラスは、他の車に比べて少し立ってる感じですので、ヒビが入りやすかったのでしょうか。

キズ自体は、それほど大きくはなかったので、リペアによって強度は回復したと思います。

リペア前リペア後

cbp_aegis at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月10日

高速道路走行中にフロントガラスにヒビが。

ランサーエボリューション高速道路を走られる機会が多くなると、遭遇するのが石によるフロントガラスのキズではないでしょうか。
フロントガラスは、一見すると硬く丈夫ですが、石のあたるスピード・角度などによっては、ヒビが発生してしまいます。

ごく小さなヒビであれば、リペアで直した方が良い場合があります。

今回のお車は、ランサーエボリューションですね。
このようなお車でも、リペア施工しても何ら問題はありません。

ヒビの大きさそのものは問題ありませんでしたが、少し形状が複雑になっていました。
小さなヒビが少し離れてできていましたので、全体をつなげるよう加工が必要になりました。

事前の処理をしっかりと行えば、あとはレジンを注入して硬化させるだけですので、比較的きれいに直ったと思います。

リペア前リペア後

cbp_aegis at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月29日

フロントガラスのヒビの修理 車検は…

日産ティーダまだ、1000円高速を利用されている方は、多いのではないでしょうか。ちょっと遠出するには、かなりお得感はありますね。

このように、以前よりも高速道路を利用される方が増えてくると、車のトラブルも多くなってくると思います。

当店でも、飛び石によるフロントガラスのヒビ修理ということで、お問い合せをいただきます。

フロントガラスのヒビは、ほとんどの場合、飛び石によってヒビが入ってしまいます。
一度入ってしまって、放っておくとヒビは伸びて広がってしまうこともあります。早めの処置が必要ですね。

多くのヒビは、きちんとリペアをしておけば、多くは自動車検査登録(車検)はパスしています。

今回の施工は、かなりデフロスターから近い場合もあって、他店では断られていたのですが、施工を受けさせていただきました。

少し施工跡は残っていますが、問題なく施工は終了致しました。

リペア施工後

cbp_aegis at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック