カーディテーリング

2011年12月05日

洗車機の使用について

当店でポリマーコーティングを施工していただいたお客様には、基本的には「手洗い洗車で」とお願いしておりました。
しかしながら、多くのお客様がなかなか洗車の時間を取れなかったり、洗車の機会を逸したりとタイミング良く洗車ができる環境でないということをお聞きしています。

車のボディは、あまり洗車をしていない期間が長くなってきますと、デポジットの付着がひどくなったり、鳥糞の付着などダメージが進行してしまうことがあります。
特に、鳥糞については、どんな高機能コーティングを施工していても放置していると除去できなくなってしまいます。

当店でのお客様には、保管状況・洗車頻度・メンテナンス法などにもよりますが、洗車間隔があまり長くなってしまうような場合は、「洗車機」をご使用されることおすすめしています。

一般的に洗車機は、キズが付いてしまう・細部の汚れが残る・車種対応していないなどの問題もありますが、洗車機使用によるメリットも多くあると考えます。

例えば、洗車機は水量を上手に調整して車両全体を一気に洗ってくれます。そのため、ある一部が洗車途中に乾燥しないので、デポジット付着をかなり防いでくれます。
また、乾燥機能が付随した洗車機であれば、さらにその効果は大きいと思います。

また、今では、多くの洗車機で「ムートン」「スポンジ」などを使用していて、かなり塗装へのダメージを抑えた仕様になっています。

このように、考え方・手段によってはメリットが大きい部分もありますので、お客様によってはお車にとって良いことがありますので、洗車機の使用を検討に入れてみても良いかと思います。

cbp_aegis at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年05月21日

ガラス研磨・ウロコ取り トヨタ・アルファード

アルファード(1)アルファード(2)






神奈川県横須賀市のお客様よりご依頼いただきました。

ガラス全体にウロコ状のシミができてしまったということでした。ウロコは、水分がガラス表面で急激に乾くことで起こってしまうことです。

ごく初期状態であれば、市販のガラス研磨剤で落とすことができるようですが、一定以上のウロコが付いてしまうと、ポリッシャーによる磨きでないと除去できないようです。

特に、アルファードのような大型ミニバンになりますと、洗車の仕方や保管法で付着してしまう度合いも違ってくるみたいですね。

今回のお客様の場合は、程度は「中」というところだと思います。

また、サイドガラスの端部ウロコがひどく、なかなか磨きだけではきれいに落とすことができませんでしたので、酸性クリーナーを併用して対処させていただきました。

ただ、この酸性クリーナー剤は、うまくウロコを溶かしてくれますが、キズに入ってしまうとキズ内部も溶かしてしまうので、使用するにはかなり注意が必要になります。
特に、サイドガラスの場合、端部が縦筋状にキズが入っているような場合は使うことができません。

全体としては、磨きで対処することができてきれいに仕上げることができました。

アルファード(3)アルファード(4)

cbp_aegis at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年03月09日

アルミホイールコーティング BMW750iL

BMW750(1)BMWのアルミホイールコーティングです。横浜市よりお越しいただいたお客様です。

BMWなどの場合、ブレーキダストが非常に激しく洗車してもすぐにホイールが真っ黒なんて珍しくありません。
特にフロント側のホイールは、ダストの発生量がとても多いので、BMWオーナーの方は苦労されているのではないでしょうか。

そのようなときに施工しておくと良いのが、ホイールコーティングですアルミホイールのコーティングは、ガラス系コーティングが良いとされています。ボディに施工するガラスコーティングとは違って、高温になりやすいアルミホイールにも能力を発揮できるように成分調整をしてあります。

写真のようにホイール細部にもコーティングしていきます。
アルミホイールを外してコーティングすることころまではご対応していませんが、ホイール奥までコートできるように吹き付けタイプも併用して対応させていただいています。

BMW750(2)BMW750(3)

cbp_aegis at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年01月30日

窓ガラス油膜・ウロコ(スケール)除去

フロントガラスのキズ自動車のガラスやお部屋の窓ガラスなどに付着しやすいのが、ウロコ(スケール)があります。普段はあまり気にならないかもしれませんが、雨天時や太陽光が低く反射してくるととても気になってくるのではないでしょうか。

ウロコ・スケール除去の方法は、ガラス専用研磨剤で磨くか、ウロコ除去剤で対処することになります。
今では、多くの市販品があって、どなたでもご自分で対処出来るものもあるようです。
ここで、ひとつご注意いただきたいところは、市販品でも使い方間違えたり、力加減によっては、ガラスにキズが付いてしまうことがあるということです。
これは、自動車ガラスだけでなく、お部屋の窓ガラスでも傷付いてしまうことがありますので、注意してください。

当店では、万が一、自動車ガラス・窓ガラスの表面にキズが付いてしまっても、「ガラス研磨」という方法がありますので、ご相談ください。

cbp_aegis at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年01月16日

フロントガラスにキズ 霜取りスクレーパー

scraper毎朝寒い日が続いていますね。通勤などで、クルマを使われる場合、駐車場所によってはフロントガラスに霜が付いて凍っていることもあるのではないでしょうか。

そんなとき重宝するのが、霜取りスクレーパーです。忙しい時間に、素早く霜を取ってすぐにクルマを走らせることができます。

でもこのスクレーパーを強く使ってしまうと、硬いフロントガラスでもキズが付いてしまうことがあります。昼間の時間帯には気付かなくても、夜間走行で気付くこともあります。
特に、雨天の夜間走行になると対向車のライトが乱反射して非常に危険なことになってしまいます。

このような場合、”フロントガラスの交換になってしまうのでは?”とお考えの方が多いと思いますが、この程度でガラス交換はちょっと勿体ないですよね。

カービューティープロイージスでは、フロントガラスの表面研磨をおすすめいsています。「研磨すると歪みが出るよね?」という方がいらっしゃいますが、当店の磨きでは、歪みが発生するほどの研磨量ではなく、全く問題ありません。実績車両も多く手がけてきています。

フロントガラスが見えにくいと感じましたら、一度ご相談ください。

cbp_aegis at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック