ポリマーコーティング施工例

2016年04月12日

フッ素コーティング VWゴルフカブリオ

ゴルフ カブリオ神奈川県平塚市からお越しいただきました。VWゴルフカブリオです。ボディカラーは赤で、まだまだ発色はきれいな状態ですね。それでも、水垢・洗車キズはかなり付着していましたので、プロコースでの施工となりました。

ゴルフは、磨きやすい塗装になりますが、その分研磨跡が残りやすく、オーロラや研磨傷がわかってしまいます。

こちらのゴルフはまだ、通常の塗料ですので磨き・研磨作業はスタンダードなコンパウンドで対応可能ですが、RUPESでの磨きで対応させていただきました。

もともとVW車の塗料はとても磨きやすい塗装ですので、きれいに磨き上げるとまさに新車のように蘇ります。
お客様のご希望でフッ素コーティングPC-52Aを施工させていただきました。赤というボディカラーにはフッ素のコーティングが結構合っているような気がします。より深みのある赤になった感じです。
当店でのコーティングは、洗車を1〜2回/月のペースで設計されています。特にコーティング直後はこまめに洗車していただくとより持続効果の高いコーティング層が形成されますので、どんどん洗車してください。

cbp_aegis at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月30日

ガラスコーティングPCX-S8 ボルボS60 

ボルボ S60神奈川県鎌倉市からお越しいただきました。お車は、ボルボS60です。ボディカラーはホワイトパールになります。

ホワイト系の場合、特に目立つのが鉄粉と下回りのピッチになりますので、このあたりはしっかり除去する必要があります。

鉄粉除去には、除去用の粘土とラストリムーバーで取り除いていくことになります。

ボディの磨きは、ウールバフで磨きをかけることで塗装肌を整えるように磨かせていただきました。

ガラスコーティングは、PCX-S8を施工させていただきました。
高耐久被膜と撥水性ガラスコーティングになります。
防汚性に優れたガラスコーティングになります。

cbp_aegis at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月16日

ガラスコーティングPCX-S7

7db7-s.jpg" width="160" height="120" border="0" alt="ジャガー X" hspace="5" class="pict" align="left" />神奈川県藤沢市からお越しいただきました。お車はジャガーXタイプ シルバーになります。ご依頼いただいたメニューはガラス系コーティング「PR -S7」です。

ボディコンディションは良好でしたので、磨き・仕上げコースは「スタンダードコース」をおすすめさせていただきました。

ジャガーのシルバー色は比較的国産車に似ているところがありますので、超微粒子ポリッシングでもかなりきれいに仕上げることができました。

ジャガーのボディタイプを綺麗に仕上げるにあたって気を付ける部分は、逆R部のツヤをきれいに出してあげることにあると思います。

特にジャガーはボンネットが広く、平面部よりも逆R部が特徴的な車であるから美しく見えるのではないでしょうか。

シルバー色は、平均的にガラス系コーティングの能力を最大限に発揮できるボディ色であると思います。

コーティング定着力・疎水性・防汚能力などの能力が高いレベルで維持することができます。

特に、カービューティープロの「PRX -S7」との相性は良く、長期に渡って塗装面を保護することができます。

cbp_aegis at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月22日

ガラスコーティングPCX-S8 BMW MINI

mini今回のお車は、BMW MINIです。

磨きで何が重要かというと、いかにオーロラやバフキズを残さないように仕上げるかということになると思います。

特にドア部分の塗装面などはオーロラが残りやすい部分でもありますので、気を付けたいところです。

今回のお車は、水ジミが多かったのでそれを除去するように心がけました。

お客様の駐車場は屋根付きとのことでしたが、コーティングはカービューティープロのPCX-S8で、トップコートにチタンコーティングを施工させていただきました。

チタンコートで初期デポジットの付着を防止するに致しました。

cbp_aegis at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月21日

ガラスコーティングPCX-S8 FJクルーザー

fj-cruzaお客様の施工いただいたお車を順次紹介させていただきます。
トヨタFJクルーザーです。
エクステリアデザインはなかなか精悍ですね。
地上高も国内SUVよりも高く感じました。走りもトヨタ車ならではの安心できるって感じでした。クセもなく非常に運転しやすかったです。(不慣れなマニュアルトランスミッションでしたが、乗りやすかったです。)

両サイドのドアは観音開きでこの手の車にしては使い勝手が良いと感じました。

ボディの状態は、とても良い状態でしたので、ウレタン磨きで十分な光沢に戻すことができました。
車の性質・性格にもよりますが、ただ単に磨けば良いという訳でもなく、本来の塗装を残しながらどこまで綺麗に見せることができるかがカギになってくると思います。

ボディコーティングは、ガラス系コーティングPCX-S8で施工させていただきました。初期撥水もありますので、チタンコートを一度加工しておきました。

cbp_aegis at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック