2011年01月16日

フロントガラスにキズ 霜取りスクレーパー

scraper毎朝寒い日が続いていますね。通勤などで、クルマを使われる場合、駐車場所によってはフロントガラスに霜が付いて凍っていることもあるのではないでしょうか。

そんなとき重宝するのが、霜取りスクレーパーです。忙しい時間に、素早く霜を取ってすぐにクルマを走らせることができます。

でもこのスクレーパーを強く使ってしまうと、硬いフロントガラスでもキズが付いてしまうことがあります。昼間の時間帯には気付かなくても、夜間走行で気付くこともあります。
特に、雨天の夜間走行になると対向車のライトが乱反射して非常に危険なことになってしまいます。

このような場合、”フロントガラスの交換になってしまうのでは?”とお考えの方が多いと思いますが、この程度でガラス交換はちょっと勿体ないですよね。

カービューティープロイージスでは、フロントガラスの表面研磨をおすすめいsています。「研磨すると歪みが出るよね?」という方がいらっしゃいますが、当店の磨きでは、歪みが発生するほどの研磨量ではなく、全く問題ありません。実績車両も多く手がけてきています。

フロントガラスが見えにくいと感じましたら、一度ご相談ください。

cbp_aegis at 17:13│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カーディテーリング | フロントガラス研磨施工例

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔