2009年01月09日

ブラインド部分のコーティング加工について

コーティング加工ひとくちに車のボディコーティングと言っても加工する場所は広範囲になります。車のボディ表面だけでなく、隠れた部分や通常のコーティングでは加工できない場所もあります。

ドア内側でも普通にコーティングできる部分とできない部分とがあります。平面部分などはほとんどの場合加工できますが、曲面部分やヒンジ部などに代表されるような部分は普通ではコーティングできないところがあります。

また、ルーフレール部分やドアミラーの裏側部分など手の届きにくいところも通常のコーティングでは加工が行き届きません。

このような通常ではコーティングしにくい場所でもしっかりと加工したいお客様には微細噴霧できる「スキルチタンコート」をおすすめしています。

スキルチタンコートは、施工場所・施工対象物を選びませんので、どのようなものにも加工することができます。そのため、マスキングは一切必要としませんので、細部にもコーティングすることができます。

そのようなコーティングでありながら、再加工性がに富んでいますので、メンテナンスなどもしやすいコーティングとなっています。

コーティング加工コーティング加工

cbp_aegis at 01:05│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ポリマーコーティング施工例 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔