2008年01月23日

カービューティープロ車内消臭のメカニズム

自動車の室内の臭いには様々なものが原因となって発生します。
消臭の最も基本的な考えとして、その発生源の除去が第一となります。
この臭いの除去作業が車内クリーニングとなって重要なポイントのひとつなっています。この作業を省いたり、簡素化してしまうと後々の消臭効果が半減してしまいます。
よく臭いに対して消臭剤だけで対処する方がいらっしゃいますが、ほとんど効果がないのはこの原因物質を取り除いていないためです。
そして消臭のしくみには大きく分けて以下の4種類に分類されます。
物理的消臭・化学的消臭・生物的消臭・感覚的消臭となります。

○物理的消臭・・・悪臭の成分を物理的に吸着して臭いを押さえ込む「吸着法」と包み込んで臭いの発生を防ぐ「包摂法」があります。
○化学的消臭・・・悪臭成分と消臭成分を化学反応させて、臭わない成分に換えてしまう方法。「中和反応」と「酸化還元反応」の2種類があります。
○生物的消臭・・・生ゴミ等、雑菌の繁殖によって発生する悪臭を、微生物で分解してしまう「分解法」とバクテリア自体を消滅させてしまう「消滅法」があります。
○感覚的消臭・・・悪臭の成分を、別のよい香りを出すことによってごまかす「マスキング法」と、悪臭の成分をよい香りの構成成分として取り込む「ペアリング法」があります。

それぞれの方法に対して一長一短があり、一概にどの方法が最適なのか言えませんが、個々のケースで最も最適な対処法を採用するようにしています。

cbp_aegis at 12:18│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック よくあるご質問(ルームクリーニング) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔